ブログを移転しました。
ご迷惑をお掛けしますが、ブックマーク等の変更をお願いします。

URL:http://ikubon.com/wp/
RSS:http://feeds2.feedburner.com/ikubon

タダ(無料)でどこまでできるのか、WindowsのMac化その他もろもろ
<< ユニバーサル技能五輪国際大会記念千円銀貨 | main | ObjectDock Leopard風 2-D版 >>
ObjectDock Leopard風 その2
| Mac化計画 | 2007.11.08 Thursday | comments(0) | trackbacks(0) |

前にObjectDockの背景をLeopard風に変更する記事を書いたのですが、この方法だと設定が少々面倒だと思います。ObjectDockのドックのパッケージングという機能を利用して、設定をもう少し簡単にしてみました。

過去の記事:Blog.Ikubon.com | ObjectDock Leopard風

今回はObjectDockのドックのパッケージングという機能を使ってカスタマイズします。

  1. Dockzipファイルをダウンロード
  2. Download:Leopard added separator.dockzip

  3. ObjectDockのドックの設定を起動し、「テーマ」にある「パッケージの適用」ボタンをクリックし、ダウンロードしたファイルを選択
  4. 「外観」の「背景」より「Leopard added separator」を選択

これで背景は完了。背景は簡単に変更できましたが、インジケータの設定はちょっと手がかかります。

  1. 以下の画像をダウンロードし、ObjectDockのRunning Indicatorsフォルダ(C:¥Program Files¥Stardock¥ObjectDock¥Running Indicators)へ
    Leopard Running Indicator←この画像を右クリックし「名前を付けて画像を保存」で保存できます

  2. 「視覚効果」のOther Appearance Sttings(その他の外観の設定)でleopard_indicatorを選択

これでインジケータも変更されて完成です。前に紹介した方法よりも少しは簡単になったと思いますが、どうでしょうか。

関連記事
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.ikubon.com/trackback/738682
トラックバック

 RSSリーダーで購読する

CATEGORIES
Recent Comments
LINKS

あわせて読みたい

  • ブログSEO対策:track word

track feed

ARCHIVES
Related Posts with Thumbnails